体を楽器にして話す 〜元・テレビ朝日アナウンサーから学ぶ〜

落ち着きがない口笛
なので
早口で声が裏返ってしまうしょんぼり
そうかといって
落ち着きすぎると声が低く
こわ〜い人になってしまうガーン
東京デイズ
1.2ヶ月に一度、東京に滞在する私の楽しみ
2日目は
元 テレビ朝日アナウンサー
渡辺由佳先生の
コンセプトは
自分のイメージを言葉で作っていく
今日は第2回目。
発音 発声の基礎トレーニングで
聞き取りやすい話し方を身につけよう
ということで
自己紹介の時点で
皆さんの発声や発音を聞き
先生、声を診断びっくり
{BB576FF3-A402-4682-AB71-0F3CD379747E}

私も

なぜ、低い声と高い声しか出ないのか
その改善の仕方も先生から瞬時に
教えもらったチョキ
せっかく元アナウンサーの先生から
発声発音を習うのだから
「以前
アナウンサーなど
話す仕事をされていましたか?」
 と聞かれるちゃう…
いわゆる「プロっぽい」
思われる話し方を
目指すことにした私たちカラオケ
先生から
基本中の基本 母音の発音
{8A582ADD-5283-428B-89F7-F43F531D1C5E}

ボードの隅で

ちゃっかりこのブログを宣伝する私  ↑
口の開け方を
身振り手振りで教えてくださる先生
{33E9A02C-E75A-4DEF-919E-A58FFAAD280F}
こんな格好で
腹式呼吸法をマスターしたり
{4EB01BEE-70A6-4321-AE52-A9C706212186}
受講生皆さん
すぐに仲良くなって
{F208AA31-6BCE-4DB2-8557-B7AB471AA233}

休憩時間は

ちょっとしたモグモグタイムキャンディー
そんなこんなで
楽しく進んだ約3時間ハート
講座が終わる頃には
皆さんびっくりするほど
キレイな声が出たり滑舌が良くなって
自分の体を上手く使って
共鳴させている感じ音譜
今回のテーマ
この世に生まれた以上
体を使って響く良い声を聞かせる
そう
体を楽器にするビックリマーク
すぐに
葉加瀬太郎のような音色は出ないが
葉加瀬太郎も
最初からバイオリンを
上手く弾けたわけではないしょんぼり
私たちも日々の練習で
カーネギーホールで演奏が出来るぐらい
透き通って聞きやすい声を目指す…
のであったグラサン
あれ?
今日は楽器の練習だったかなべーっだ!
さらに
ミホワールドを堪能したい方は
ゆるゆる生活ミホ 別館→☆☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする