ご挨拶

ミホ別館にようこそ。スカーフ ストールアレンジャーのミホです。ストレートなブログをよろしくお願いします。

幼少期の刷り込みが大事!?

お客様がお子様二人を連れて我が家にやってきた🚗

妹ちゃんは、ヨーロッパに留学中の息子の部屋に入り、何かゴソゴソ😏

夫の声がする…

「あちゃー🤣‼️むしっとるがね🤷‍♂️」

その、むしったものをお姉ちゃんが私に持ってきてくれた🐾

この、幼少期の刷り込みが…人生をかえる❓

数年後が楽しみだ🤣

 

 

年会費永年無料のVISAカード。
⭐️海外でキャッシング可能
   → 実は窓口で換金するよりお得と知られていない


留学中の息子が夢に出てきて…

今朝、息子が夢に出てきた💤

ヨーロッパに留学中の息子…日本にいるはず無いのに、私…デパートで見かけたのだ、息子らしき人を😵‼️

思わず「○ーくん❓」とニックネームで呼んだら、振り返った人は息子本人だった‼️‼️

「いつ、日本に帰ってきたのー⁉️」

ここで、目がさめる。

夫に話して、ソワソワしていたら…

「そんなに気になるなら、直接電話をしたら😏❓あっちは夜遅いけど、まだ起きてるだろうし…」

と、いうことで、夫が留学先に電話📞

息子、すぐに電話に出た🤙

LINE等、連絡を取ってもなかなか返信してくれない息子😎

それが、今、電話で繋がってる‼️

ここぞ!とばかりに質問しまくる私🤣

主な内容

📝本帰国はいつか?

📝来月のボストンでの就活の状況

📝インターン先の上司との関係

息子もいい大人なんだから、そこまで聞かなくても…という内容だが、でも、聞きたい🎤

珍しく、息子がよく喋る☎️

💡帰国は、私が思っているよりかなり早まる

💡就活は、ボストンだけでなく東京でもやる

💡怖くてビビっていたインターン先の上司…実はとっても優しくて良い人だった

💡就職先をもっとグローバルに広げて検討

息子と話して感じたこと…

「どんな状況でもすべて上手くいく💪」

まずは、来月のボストンでの就活でどういう結果が出るか…静かに見守る…って静かに見守れるかどうか…🤣

 

 

 

 

 


ヘビロテトップス

最近、あんなに通っていた「しまむら」・・すっかりご無沙汰😁

というのは、夏は家でもジャブジャブ洗える「コットン素材」のものを着ていたが、冬は・・😏

来月に誕生日を迎え、また一つお姉さんになる私・・しまむらで売っている洋服の素材は、ちょっと年齢に負ける💦

なので冬の時期は「しまパト」はおやすみ。

だけど、たまには「おぉぉ💕💕!」という逸品にも出会えて・・

3年前に購入したこちらのトップス

スエード素材っぽいが、実は化繊素材㊙️

ゆったり目なデザインだけどVネックがちょうど良い開き具合🙌

なので私は、ボトムをタイトスカートかパンツスタイルをインして、なるべくIラインを作るようにしている✌️

(ちなみにこちら↑のスカートは

グリーンのスカートを紺でリバーシブルしたもの)

いつもながら、パズルのように組み合わせる私の全身写真🤣

このトップス、言わなければ「しまむら購入品」とわからず、値段も、皆さんが思っている金額マイナス1000円😵

ジャブジャブ洗えるし、トモダチから褒められるし、しまむら購入品の中では珍しく、長年愛用アイテム💪

ところが・・

ちょっと袖口が広がりすぎて、粗相が多い私は、よく物を引っ掛ける😂

と、言いながらも、今季も「それ、どこのブランド❗️❓」と聞かれ「しまむら〜」とドヤ顔で答える私・・なのである😎


ファッション、この頃の気づき…

キャミの紐は、細い方が色っぽい…ということに気づき

レースに透かせてみた❤️

ちなみにスカートは

鮮やかなグリーンのミドル丈タイト👗

ストールで色を足して🎨

スカーフリングは、秘密のブランド「D」のヘアゴムで代用㊙️

 


外出は、どんな状態でも最低限整えるんです!

私、10日に1度、家から1歩も外に出ない「完全オフ日」を設けてる😎

あらかじめ、予定に「完全オフ日」と書いて、よっぽどのことがない限り、仕事も入れない。

私が愛用しているcitta手帳のいう「手帳タイム」みたいなとこ👈

グデーっと過ごす日なので、夫にも「明日は1歩も外に出ませんから😤」と前日から宣言🎤

な・の・に

なんで夫…今日は早朝から会議があることを忘れるかなー😠

メールで通知が来て会議の存在を知るって…時間がないので

「会社まで(車で)送って🙏」と、夫。

仕方がないのでブーブー言いながら、送った私😤

しかし、メークをする時間もなく、リップ💄を塗ってトレンチコート🧥を羽織り、ストール🧣巻いてサングラス🕶(流石にパジャマは脱いだ)。

こんな感じ⬇️

(今年春のオランダ旅行)

「さあ、送るわよ🚗💨」

と玄関を出たら、夫の視線が「その格好でどこ行くの⁉️😏」だった。